注文住宅|基準金利適用住宅

公庫融資を利用する場合、なるべく金利は低い方が良いに決まっていますが、基準金利適用住宅が受けられれるのであれば、一番金利も低い設定になります。その条件は床面積が80平方m以上175平方m以下、技術基準をクリアして、バリアフリーまたは省エネ住宅であることです。ですから、本来の注文住宅の条件を少し変えるだけで、この基準金利適用住宅になるのであれば、低金利での住宅ローンが実現できそうです。これからの時代、省エネというコンセプトを入れるだけで、光熱費の節約にもなりますから、ぜひ考えていただきたい課題の一つです。また、高齢化社会に向けたバリアフリーも後でリフォームの必要もないことからおススメの設計と言えそうです。今の時代に合う注文住宅と言えますね。

Copyright© 注文住宅 All Rights Reserved.

注文住宅|基準金利適用住宅